肌のしつけに関して

肌にはしつけが必要だと言われています。どのような意味なのでしょうか。肌にとって過剰な美容成分を使ったスキンケアは逆効果で、必要なスキンケアだけを行うことです。

 

例えば、十分に潤っている肌にセラミドなどの保湿成分をプラスすることは過保護に当たります。まだ20代でしみやシワもなく理想の肌の状態でなのに、アンチエイジング化粧品を使うと栄養過多になってしまいます。

 

人間にはもともと肌を美しく保つ働きがあります。肌が乾燥したら皮脂を分泌して乾燥を防いだり、皮脂を乾燥している部分に回す機能があります。放っておいても肌トラブルがないのが本来の姿です。

 

肌が乾燥を防ぐために皮脂を分泌しようとしているのに、その前に化粧品で油分を足してしまうと肌は必要な皮脂を出してくれなくなりいます。必要な皮脂を出してくれないので、乾燥肌がさらに乾燥してしまうことになりかねません。過剰なケアは肌本来の働きを奪ってしまいます。

 

理想のスキンケアは肌に足りないものだけ補ってあげることです。日頃から肌の様子を注意深く観察し、理想の状態にしておきたいですね。

 

なるべく肌本来の機能に任せるといっても、肌は自動的に汚れを落としてはくれません。汚れや皮脂を落とし、清潔な状態にしておけば肌は正常に機能していくはずです。肌にとって本当に必要なスキンケアだけ取り入れていきましょう。

関連ページ

コラーゲンについて
お肌のハリを保つ化粧品についての尾まとめサイトです!
化粧品とコラーゲンについて
コラーゲン配合の化粧品を選ぶ際の注意点についてまとめています
秋のたるみに注意
お肌のハリが落ちる秋のたるみ対策についてまとめています