【要注意!】お肌のハリが落ちる秋のたるみ対策

 

【要注意!】お肌のハリが落ちる秋のたるみ対策

 

夏に浴びてしまった紫外線の影響で、秋になると肌のシミやたるみが発生してしまいます。紫外線ダメージは光老化を促進させ、深いシワを刻むこともあります。紫外線によって真皮にあるコラーゲンやエラスチンが破壊されることもあります。

 

肌のハリと弾力を作ってくれる成分なので、肌からハリが失われていきます。

 

紫外線ダメージは肌から水分を奪い肌をガサガサに乾燥させます。大量に紫外線を浴びてしまった後は、いつも以上にしっかりと保湿を行ってください。保湿をすることによって保水機能を高め、肌のたるみを防ぎましょう。

 

糖化も肌の老化の原因となります。糖化はエネルギーとして使われなかった糖がタンパク質と結合する現象のことです。

 

老化を促進させる糖化生成物を生成し、肌全体をくすませてしまいます。他にも肌がゴワついて乾燥したり、しみやたるみを増加させてしまいます。肌にハリを与えてくれるコラーゲンやエラスチンもタンパク質なので、糖化しないようにケアしていきましょう。

 

糖化の原因は過剰な「糖」の摂取です。ケーキやクッキーなどの甘いものや、炭水化物、動物性の食品は糖化を促してしまいます。これらの食品の摂取を控えて、血糖値が急激に上がらない食べ方をしていきましょう。

 

野菜やキノコ、海藻類を最初に食べることで糖質の吸収を抑えることができます。

 

【要注意!】お肌のハリが落ちる秋のたるみ対策

 

糖化してしまった糖化生成物は1度できると分解されません。どんどん蓄積するばかりです。最初から糖化させない食生活を心がけましょう。

関連ページ

コラーゲンについて
お肌のハリを保つ化粧品についての尾まとめサイトです!
化粧品とコラーゲンについて
コラーゲン配合の化粧品を選ぶ際の注意点についてまとめています
肌のしつけ
肌にはしつけが必要だと言われています